March 29, 2006

宣伝

中の人というわけではないのだが,かなり面白いチュートリアルになりそうだし,破格の価格設定だと思うので,ここでも宣伝.会場のキャパにはかなり余裕があるようなので,みなさんどうぞ.

Web 上に情報がなかったので,ちょっと長いけど参加募集を丸ごと引用:

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

     日本データベース学会・ACM SIGMOD日本支部共催
    ....
  「とことんわかるデータベース」チュートリアルシリーズ:第2回
             ....
   ★★★★★ とことんわかるPostgreSQLインサイド ★★★★★

協賛:日本PostgreSQLユーザ会

 2006年4月24日(月)
於 東京工業大学(大岡山キャンパス)ディジタル多目的ホール

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.チュートリアル概要

 データベースの初心者から,データベース開発やデータベースアプリケー
ション開発者,またデータベースに関連する研究に携わっている学生・研究者
などの広範囲の方々を対象にチュートリアルを実施します.
 「とことんわかるデータベース」チュートリアルシリーズの第2回目として,
代表的オープンソースDBMSの一つであるPostgreSQLを取り上げ,問合せ
最適化処理やトランザクション処理を中心としたDBMSの実装技術の概要が
分かるチュートリアルとします.
詳細な内容は本案内の末尾にございます.

2.対象者

・PostgreSQLの中身に興味のある大学院・学部学生,教員,研究者,及び一般の方
・PostgreSQLを利用したシステムやアプリケーションの開発者

3.資料

説明用スライドを中心としたチュートリアル資料を参加者に配布します.

4.希望者へのシーラカンス本最新版の特別価格販売

講義には上記チュートリアル資料を用いますが、今回のチュートリアルを記念して、
希望者には下記の参考書を特別価格で販売いたします.

石井 達夫 (著)
PC UNIXユーザのためのPostgreSQL完全攻略ガイド
- 豊富な機能と高い信頼性を誇るオープンソースデータベース-
改訂第5版

通常価格3,675円の所,特別価格3,000円(いずれも税込み)でご購入いただけます.

※申込み締切日以降の参考書のキャンセルはできませんので,十分ご注意下さい.

5.開催概要

日時:2006年4月24日(月)午前9時30分~午後17時20分
場所:東京工業大学(大岡山キャンパス)ディジタル多目的ホール
  東京都目黒区大岡山2-12-1
  交通案内: 下記をご覧ください.
http://www.titech.ac.jp/access-and-campusmap/j/o-okayama-campus-j.html
  
講師:石井達夫氏(SRA OSS), 板垣貴裕氏(NTT), 坂田哲夫氏(NTT)
参加費:一般3,000円(チュートリアル資料代込み)
     学生1,000円(チュートリアル資料代込み)
ただし,日本データベース学会・ACM SIGMOD日本支部
     もしくは日本PostgreSQLユーザ会の会員であることが必要です.
会員でない方は,この機会に登録ページよりご加入ください
(無料で会員になることが可能です).

日本データベース学会・ACM SIGMOD日本支部会員登録ページ:
(両学会への同時登録となります.)
http://www.dbsj.org/Japanese/entry.html
日本PostgreSQLユーザ会会員登録:
http://www.postgresql.jp/member/


6.参加申込

参加をご希望の方は,事前に下記サイト:

http://www.sigmodj.org/events_regist/

より申し込むか,以下の参加申込書を 事務局:

tokoton0604@kde.cs.tsukuba.ac.jp

へ電子メールにて送り,あらかじめ参加登録して下さい.

参加申込み締め切りは4月17日(月)ですが,定員を超えた場合はこれより前に
締め切る場合もありますのでご了承下さい.
参加登録には確認のメールをお返しします.確認メールが来ない場合に
は,tokoton-question@kde.cs.tsukuba.ac.jp までお問合せください.

----------------------- cut here -------------------------
mailto: tokoton0604@kde.cs.tsukuba.ac.jp

参加申込書

私は4/24開催の「とことんわかるPostgreSQLインサイド」チュートリアルに
参加します.

1.参加者情報

氏名:
ふりがな:
所属:
電話番号:
メール:
(学生会員の方は,所属欄に研究室名までお書き下さい)

2.会員種別

(当てはまるものを残してください)
1) 日本データベース学会正会員・ACM SIGMOD日本支部一般会員
2) 日本データベース学会学生会員・ACM SIGMOD日本支部学生会員
3) 日本PostgreSQLユーザ会会員(Web会員,正会員) 一般
4) 日本PostgreSQLユーザ会会員(Web会員,正会員) 学生

※1), 3)については参加費3,000円
  2), 4) については参加費1,000円
  となります.

3.特別価格による参考書購入の有無

(いずれかを残してください)
1) 参考書「PC UNIXユーザのためのPostgreSQL完全攻略ガイド」
(特別価格3,000円(税込み))の購入を含めて申し込みます.
2) 参考書の購入を希望しません.

 ※申込み締切日以降の参考書のキャンセルはできませんので,
  十分ご注意ください.

4.アンケート

どのようにして本講演会情報を得られましたか?(複数回答可)
□dbsj/sigmod-j mailing list (dbjapan)
□ 日本PostgreSQLユーザ会メーリングリスト
□社内・内部メーリングリスト
□その他:( )

5.本チュートリアルに関して,特に興味のある事項,できれば説明して欲しい
事項等ありましたらお書き下さい.
(必ずしもご要望に添えない場合もありますが,講師には参考情報として伝えます.)

6.その他:領収書の宛名などに関する希望がございましたらお書きください.

****-----*****--cut here---*****-----*****

・参加費は当日受付にてお支払い下さい.領収書を発行致します.参考書
 申込者の方については,その時に本をお渡しいたします.

・日本データベース学会・ACM SIGMOD日本支部会員,日本PostgreSQLユーザ会
会員のいずれにも該当しない方は,事前にいずれかの学会に個人会員登録をお願い
します(無料で会員になることが可能です).
個人会員登録は
   日本データベース学会ホームページ(http://www.dbsj.org/)
日本PostgreSQLユーザ会ホームページ(http://www.postgresql.jp/)
で申し込みください.

・会場の定員とチュートリアル資料,参考書発注の都合がございますのでお早めにお
申し込みください.

・本講座参加に関する問合せは,tokoton-question@kde.cs.tsukuba.ac.jpまでメー
ルでお願いします.

7.プログラム

9:00  受付開始

9:30~9:40 主催者挨拶
(日本データベース学会 増永良文、ACM SIGMOD日本支部支部長 北川博之)

9:40~9:50 日本PostgreSQLユーザ会のご紹介
(日本PostgreSQLユーザ会理事長 片岡裕生氏)

9:50~11:50 PostgreSQLインサイド概要(講師:石井達夫氏(SRA OSS))
講演概要:
PostgreSQLは本格的なオープンソースデータベースである。多版同時実行制御や継承
などの特色はあるものの、それ以外は比較的オーソドックスなRDBMSであり、その実
装を学ぶことによって教科書や論文などで解説されている機能をより深く理解できる
ようになることが期待される。本講演では、PostgreSQLの問合せ処理の流れ、および
個々の機能と実装を概観し、午後の講演を理解するための足がかりとする。
キーワード:
PostgreSQL, RDBMS, 多版同時実行制御, ヒープ管理, Btree索引, バッファキャッ
シュ管理, ロック管理, トランザクション管理, SQLパーサー, 問合せ分析器, 問合
せ最適化器, 問合せ実行器

11:50~13:00 昼休み

13:00~15:00 問合せ最適化インサイド(講師:板垣貴裕氏(NTT))
講演概要:
実際のデータアクセスに先立って、必要な処理量を減らすため、コストベースの問合
せ最適化が行われる。問合せに対する複数の実行計画の候補が列挙され、その中から
動的計画法によってコストが最小である計画が選択される。コストを算出するために
は、選択性(処理すべき行数)を推定することが重要であり、データの統計情報に基
づく計算が行われる。本講演では、実例を交えながら、最適化処理の流れを追っていく\\

キーワード:
最適化, 実行計画, アクセスパス, 動的計画法, 選択性推定, 統計情報, histogram,
cardinality, 定数の畳込み, パイプライン化

15:00~15:20 休憩

15:20~17:20 トランザクション処理インサイド(講師:坂田哲夫氏(NTT)\

講演概要:
DDBMSの重要な役割の一つは、トランザクション処理のためのACID特性を実現するこ
とである。本講演ではACID特性を実現するための、多版同時実行制御、リカバリ処
理、トランザクション制御を概説する。PostgreSQLでは追記型のバッファ管理を用い
ることで、これらの処理を簡便に実現している点に特色がある。通常の教科書では個
別に解説されるこれらの機能をヒープ管理を中心に解説することで、この特色に焦点
を当てることを試みる。
キーワード:
PostgreSQL, RDBMS, トランザクション管理, ログ, リカバリ, ロック管理, ヒープ
管理, 追記型記憶管理, MVCC, 多版同時実行制御, 隔離性水準.

以上

| | Comments (114) | TrackBack (0)

March 23, 2006

[Solaris10] うまくいかない

emacs-21.4 + emcws-21.3-20031213: leim 関係の .el ファイルをコンパイルするところで,emacs がコア吐いて落ちる.原因は不明.ぐぐる先生によると,gcc-3.4.3 との相性が悪いという報告がいくつかあって,3.2.3 でやるとうまくいくらしい.このためだけに古い gcc 入れるのも何だし,emacs に関してはコンパニオン CD についてきた emacs-21.3 があるので,当面は放置.

gcc-4.1.0: emacs が gcc-3.4 と相性が悪い(らしい)ということもあって,この際,賢くなった とウワサの gcc-4.1 でも入れてみるかと思ってトライしてみたのだが,これまたうまくいかず.厄日?この原因も良く分からない.ひょっとしたら gas/gld を入れるとうまくいくのかもしれないが,これにばっかり時間をかけるわけにもいかないので,しばらく様子見.

| | Comments (85) | TrackBack (0)

March 22, 2006

[Solaris10] w3m-0.5.1

備忘録.かねてから困っていた libgc でセグる問題をやっと回避することができた.
ポイントは gc のコンパイルを ./configure に任せないこと.付属の Makefile.direct でスタティックライブラリ gc.a を作って,こいつを w3m にリンクする.動的ライブラリでないところがイマイチだけどそれはガマンする方向で.
具体的には次の通り:

% cd gc6.7
% make -f Makefile.direct
% make -f Makefile.direct test

make test が問題なければ,
% ln -s gc.a libgc.a
% cd ../../w3m/w3m-0.5.1
% env CFLAGS="-I../../gc/gc6.7" LDFLAGS="-L../../gc/gc6.7" ./configure --prefix=/usr/local
% make && make install

| | Comments (1244) | TrackBack (0)

[Solaris10] Canna37p3

備忘録.openwin の xmkmf は cc を前提としているので,小細工が必要:

・まずは,cc で gcc が呼ばれるように適当にシンボリックリンクなどを張る.

・xmkmf -a を実行.

・次に,コンパイラのオプションを gcc 対応になるように書き換える.Makefile があちこちに分散しているので perl のワンライナーで一括してやっつける.

% find . -name Makefile -print | xargs perl -p -i.orig -e "s/CC = cc/CC = gcc/; s/PREPROCESSCMD = cc/PREPROCESSCMD = gcc/; s/CCOPTIONS = -Xc/CCOPTIONS = /; s/-Kpic/-fpic/; s/LDPOSTLIB =/LDPOSTLIB = -R\/usr\/local\/canna\/lib/"

・gmake && gmake install

| | Comments (66) | TrackBack (0)

March 12, 2006

Solaris10 その後

Solaris を入れて使っていたデスクトップ機を I 先生にお返しすることになった.具合の悪い Solaris 10 3/05 のままお渡しするのは少々気が引けたので,ちょうど手元にあった 1/06 版を入れてみることにした.
・まずは今までどおりの環境を試すために,オンボードの LAN でインストールを仕掛けたところ,ネットワークの設定でインストーラが固まってしまった.やはり Solaris の新しいカーネルとこいつの相性が悪いというのがこれまでの不調の原因のようだ.
・というわけで,こういうこともあろうかと少し前に買っておいた Intel PRO/1000GT を差して,オンボードの LAN を殺して再挑戦.結果は大成功.(オンボードも同じ Intel の石で,古いカーネルではちゃんと使えてたのになぁ….)
今後はパッチを当ててネットワークが死ぬこともないだろう.安心して使えるのでよかった.

| | Comments (50) | TrackBack (0)

February 23, 2006

Windowsのパスワード

をクラックするLiveCDらしい.
http://alectrope.ddo.jp/mt/archives/2006/02/14/windows_ophcrack_livecd
世知辛い世の中ですなぁ.みなさん,気をつけましょう.

| | Comments (189) | TrackBack (0)

January 18, 2006

Solaris10 for x86

昨夜,パッチを当てたら,今朝になってネットワークが一切使えなくなっていることに気づいた.いろいろ調べてみると,設定云々というより,パケットが一切飛んでいない感じ.デバイス自体は認識していて,Link up/down のメッセージもちゃんと出るので対処しようにもどうしようもない.(ネットワークの線やネットワークカードの故障でないことは確認した.)
にっちもさっちもいかず,大して環境を作りこんでいるわけではなかったので,手っ取り早くOSを再インストールすることにした.OSを入れた直後はちゃんとネットワークが使えることを確認.で,smpatch update を実行したら症状が再現した.うーん,困った.
#ちゃんとSunのマシンを買えという新手のいやがらせ(失礼)か?

| | Comments (174) | TrackBack (0)

December 28, 2005

VMware Workstation 5.5.1

build-19175 の更新通知があったので,早速インストールした.
おそらく,先日報道されていたセキュリティの穴をふさいだバージョンだと思われる.

| | Comments (141) | TrackBack (0)

December 26, 2005

[スパム] 採取のお願いです

これまでとは違ったタイプのスパムjが届いた.ちょっとマニアックな感じ.どういう客層にどういったリアクションを期待してるんだろう?:


差出人: Miyako Akiyama
宛先: xxx@is.tsukuba.ac.jp
日付: 2005/12/26 0:24
件名: 採取のお願いです

某国立大医学部ニ年の秋山都子と申します。
あなたにお願いがあってメールしました。私は今、
「精嚢分泌液に内服されるセリンプロテアーゼ(主にPSA[Prostate-specific antigen])
の空気接触に伴う状態変化について」
という課題についてレポートを書かされているのですが、
書物だけで調べてもなかなか進めることができないでいます。
私はこれまで20年間男性経験が一度も無かったため、
精嚢分泌液、つまり精液に関する実地的な知識に乏しいのです。
(地元の高校に居る間は父が厳しく、男性と交際する機会がありませんでした)

それに伴いまして是非一度、成人男性の本物の精液を採取し、
この目で確かめた上でレポートの参考にしたいのです。
もしも差し障り無ければ、あなたの精液を採取させてもらえないでしょうか。
決して肉欲的な意味でのお願いではありませんので
採取方法は主に手や口を使うのみとさせて頂きますがご了承くださいませ。
(とはいえあなたが私に対して女性的な魅力を感じて頂けなかった場合、
採取行為が不快に感じられてしまう恐れもございますので、
ご希望に応じて予め私の顔写真などを送付させて頂くことは可能です。
ちなみに私の身長は157cm、体重は44kgです)

場所はどこかホテルの一室を取ろうと考えております。
交通費、ホテル代、お礼としてのお食事代程度しかこちらでは負担できませんが、
(何分学生の身分なので申し訳ありません)
ご都合を付けて頂けないでしょうか。
お返事を頂ければ、今後のスケジュールなどを追ってご連絡差し上げます。
それではどうかご検討くださいませ。

秋山都子

| | Comments (51) | TrackBack (0)

December 01, 2005

VMware Workstation 5.5

が出たとの告知があったので,早速ダウンロード&インストール.5.0 からのアップグレードは無料というのがうれしい.
今のところ快調に動いている.特に問題なし.

| | Comments (113) | TrackBack (0)